新築の時に節約した箇所

新築の時に節約した箇所

私の親戚筋にいる

★ 女性 38歳
私の親戚筋にいる、夫婦共働きで念願のマイホームを手に入れた方からお話です。
土地は奥さんの親元からの援助があり、実家の近くに購入していたとのこと。そこは以前、老舗の着物商のお邸があったのですが、分譲されて売り出されていたのだそうです。
土地はすでにあり、あとは建物を建てるだけですから、資金面には余裕があるように感じていました。

ところがいざ建てるとなると、内装にこだわったり、デザインセンスのいい一体型のキッチンスペースが欲しくなったり、収納率の高さにこだわったり、お子さんを遊ばせられるようなバルコニーも、といろいろな注文がついて、予算を上回りそうになったのです。

敷地自体は若干縦の長い長方形で、駐車スペースも、夫婦二台の車を置ける広さをぎりぎり確保できるほど。二階の部屋が狭くなってしまうので、将来子どもが増えた時のことを考えて、三階にしようという構想もありましたが、けっきょく白紙に戻りました。
そのお宅では、バス、トイレ、キッチン、リビング、玄関などお客さまを呼び込む部分は見映え良く広くとっています。
その反面、節約されたのが、裏の勝手口。人ひとりがやっと通れるぐらいのドアしかついていませんが、さしあたり、家族には痩せ形が多いので問題はないのだとか。

Copyright (C)2017新築の時に節約した箇所.All rights reserved.