新築の時に節約した箇所

新築の時に節約した箇所

私は二人目の子供が生まれたと同時に新築を建てはじめました

★ 女性 30歳
私は二人目の子供が生まれたと同時に新築を建てはじめました。
子供が成長すると引っ越すことが難しくなるので、子供が小さいうちに一生住める物件を手に入れたかったのです。
新築を建てる際に、節約する部分とお金をかけるところを夫婦で話合いました。
すべてにお金をかけられればいいですが、そうはいきません。私達夫婦が節約した箇所は和室です。
私は和室が大好きで畳の部屋を多く作りたかったのですが、節約のために和室を減らしました。

そして次に節約した箇所は、トイレの数です。
当初はトイレを一階と二階に設置する予定でしたが、節約のために一階だけに減らしました。
譲れる部分は諦めて節約したほうが暮らしやすい家を作ることができます。今は子供が小さいですが、この先ずっと暮らすことを考えれば、子供が大人になり巣立ったときのことまで考えて家を建てなければいけません。
キッチンのIHクッキングヒーターは毎日使う場所ですので、節約せずにグレードアップをしました。
このように節約する箇所とお金をかける箇所をわけて考えるとより暮らしやすい家を建てることができます。

Copyright (C)2017新築の時に節約した箇所.All rights reserved.