新築の時に節約した箇所

新築の時に節約した箇所

新築で家を得ようとなると大金がかかります

★ 女性 27歳
新築で家を得ようとなると大金がかかります。新築のメリットは新しいだけでなく、自分たちで設計の時点から関わる事ができるということにもあります。設計の時点から関われるという事は、細部を自分たちで決められるという事です。
たくさんお金がかかる新築だからこそ、できるところは節約したいものです。

自分たちのこだわりは譲らなくても、節約をすることはできます。もう一度、自分たちに必要なものをしっかり検討することが必要です。
モデルルームなどを見ているとどんどん良いものがほしくなりますが、自分たちに本当に必要かをしっかり判断することが必要です。

日本古来の和室を再現するとなるとお金がかかるので、和室を洋室にすることも節約につながります。また、壁の素材を何にするかなども影響します。クロス張りなどは板張りなどに比べると安価です。
意外と高額なのは建具です。
ガラス入りなどにするとものすごく金額がかさみます。そういったところも自分たちに必要か考え安いものに変えるなど検討するとよいです。

サイトリンク

Copyright (C)2017新築の時に節約した箇所.All rights reserved.