新築の時に節約した箇所

新築の時に節約した箇所

家を新築する際は

★ 男性 45歳
家を新築する際は、理想な住宅にしたいものですが、予算との兼ね合いも考えなければなりませんね。なるべく節約できる箇所は節約して、予算をオーバーしないよう心がけたいところです。

私の今住んでいる住宅は両親が新築した住宅なのですが、当時その住宅を新築した時も予算内に収めるために節約したと聞きました。
新築した時に節約した個所は基礎意外ほとんどの部分だそうです。
内容は主に壁紙などの素材を安いものに変更したり、照明器具なども必要最小限に抑えたりしたそうです。
耐久性が必要な外壁などは、耐久性を重視したうえでできる限り材料を見直し節約したそうです。

更には新築当初、門扉フェンスは必要ないとのことで、門扉フェンスなども節約の対象となり省きました。
後にフェンス門扉などは近所との都合で結局必要となり、後から施工したことを覚えています。
今現在もこの新築住宅に住んでいますが、大規模なリフォームが必要なく快適に住むことができているので、新築当時の節約はある程度上手な節約になったようです。
住宅を新築する際は上手に節約をして、より長く快適に住める住宅を建てたいものですね。

サイトリンク

Copyright (C)2017新築の時に節約した箇所.All rights reserved.