新築の時に節約した箇所

新築の時に節約した箇所

新築の時に節約した箇所は、その家庭によって違うと思います

★ 女性 38歳
新築の時に節約した箇所は、その家庭によって違うと思います。少しでも節約をすれば、その分を別のことに使うことができるはずです。

我が家の場合、どこを節約できるのか家族で話し合ったところ、あまり他人が訪れることのない自室を節約箇所にしようということになりました。
来客の際、リビングやトイレ、キッチンなどは他人に見られてしまう可能性があるため、節約することはできませんでした。

でも、自室や寝室などは他人にあまり見せることはありません。壁紙もちょっと安価なものにして、こだわりをあまり持つことのない間取りにしました。
自室なので、自分が満足できれば十分だと思ったからです。

それに、当時は働いていたので、家にはほとんど寝るためだけに帰ってくるという状態でした。
快眠できればどんな部屋でもいいと思っていたこともあり、あまり自室や寝室には費用をかけることなく新築するといいかもしれません。働いている人なら特にそうだと思います。

サイトリンク

Copyright (C)2017新築の時に節約した箇所.All rights reserved.